プチデリカ

低価格で美味しい上に栄養バランスに優れていると評判の冷凍おかず食のそよ風「プチデリカ」

当サイトのランキングでも一食あたり427円と第三位に位置しています。そんなプチデリカを実際にはどのように受け止められているのか・・・

実際に私が食べてみたリアルな口コミやネット上での評判をご紹介します。

女性(疑問)(左)

プチデリカの口コミや評判が気になるわ

\少なめでも美味しい!/
目次表示位置

プチデリカ お試しセット5食分を注文

プチデリカを初めて食べることになり、とりあえずお試しセット5食分を注文♪ 

プチデリカが梱包された箱

三日後自宅に届いたプチデリカが梱包された段ボール箱。

プチデリカが梱包された箱を開封

早速開封してみると結構余裕のある梱包の仕方。ここらあたりは食卓便と同じですね。

プチデリカの箱の中身

箱の中身を取り出してみると注文通り5個のプチデリカが・・・。 メニューはお任せなので何が入っていたのか確認してみると、

「牛肉の塩だれ炒め」
「オイスターソースの効いた中華風角煮」
「ごろっと肉じゃが」
「豚肉ときのこのピリ辛豆乳煮」
「三元豚の黒酢酢豚」

プチデリカ公式サイトを見てみたら、どうやらお試しセットはこのメニューで固定されているみたいです。

プチデリカの「ごろっと肉じゃが」を実食

メニュー

・ごろっと肉じゃが
・高野豆腐の卵とじ
・小松菜のピーナッツ和え

「ごろっと肉じゃが」の原材料名

これがパッケージに記載されている「ごろっと肉じゃが」の原材料名。

プチデリカのパッケージの角をカット

パッケージの角をハサミでカット。レンジの時間は700wで2:00~2:30となっていますが、今まで食宅便での体験により20秒長めに温めました。おそらく2:30では冷たい部分が残ると考えられます。

プチデリカのパッケージの端をカット

パッケージの端をカットして中身を取り出します。ここらあたりも食宅便と同じですね。ナッシュのように角をめくるだけの方が簡単ですね。

プチデリカの「ごろっと肉じゃが」

予想通り700w2分50秒で丁度いい温まり方です。肉じゃが美味しそう♪

我が家では1か月に1度の割合で肉じゃがを作っていますが、皆に美味しいと評判なんです。ただ、調理時間が1時間30分もかかるのであまり頻繁に作ることが出来ないんですよね・・・ とはいえ肉じゃがの味にはちょっとうるさい私^^; 

プチデリカの「ごろっと肉じゃが」のアップ

早速プチデリカの肉じゃがを食べてみると・・・これが結構おいしいんですよね。特にジャガイモのほくほく感が凄く歯触りが良いんですよね。

正直味は薄目で物足りなさは感じますが、これなら飽きることなく食べ続けられそうです。ここで気が付いたんですが、肉じゃがのジャガイモって皮をむいてないんですよね~ 我が家の肉じゃがは奇麗に皮をむいたジャガイモを使用するので、今後は皮付きのジャガイモを使ってみようかと思っています(^^♪

高野豆腐の卵とじ

副菜の「高野豆腐の卵とじ」は高野豆腐にしっかり味が染みていて美味しかったです。卵とじとのバランスも良いですね。

小松菜のピーナッツ和え

小松菜のピーナッツ和えも初めて味わった副菜ですが、味はまあまあかな。

メインディッシュや副菜とトータルで美味しかったですよ♪

プチデリカの「豚肉ときのこのピリ辛豆乳煮」を実食

メニュー

・豚肉ときのこのピリ辛豆乳煮
・エビ豆
・チンゲン菜のおひたし

豚肉ときのこのピリ辛豆乳煮

豚肉とシイタケ、エノキダケがピリ辛に味付けされた豆乳煮です。

豚肉ときのこのピリ辛豆乳煮の原材料

豚肉ときのこのピリ辛豆乳煮のアップ

きのこと言っても椎茸とえのき茸が入っていますが、えのき茸が小さいため椎茸だけ目立ってしまいます。しかし椎茸に味が染みていてとても美味しいです。

エビ豆のアップ

最初見た時は大豆を煮たのかと思いましたが、プチデリカ公式サイトを見ると「エビ豆」と呼ばれる料理名なんだそう。「エビ豆」とは、琵琶湖でとれるスジエビを大豆と一緒に甘辛く煮た滋賀県の郷土料理だそうで、カルシウムとタンパクが豊富な料理だそうです。

食べてみたところ程よい甘さが印象的な料理で、見た目より意外と美味しかったですよ。豆類が嫌いな私でも美味しく感じました。

チンゲン菜のおひたしのアップ

チンゲン菜のおひたしも出汁が効いてて薄味ながらまあまあの味でした。

プチデリカの「牛肉の塩だれ炒め」を実食

メニュー

・牛肉の塩だれ炒め
・くるみあんこ
・ツナとほうれん草和え

プチデリカの「牛肉の塩だれ炒め」

プチデリカの「牛肉の塩だれ炒め」の原材料名

熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
200kcal 8.4g 10.6g 17.8g 1.4g

プチデリカの「牛肉の塩だれ炒め」のアップ

塩味の牛肉とキャベツや玉ねぎなど、上手くマッチングした味付けです。年齢のせいか、パット見は牛肉の脂身が気になりましたが、食べてみるとさほど気になるようなくどさは感じませんでした。

プチデリカの「くるみあんこ」のアップ

クルミとあんこを混ぜたデザートのような副菜です。これが意外と美味しくて一度食べたら癖になりそうな美味しさです♪

プチデリカの「ツナとほうれん草和え」のアップ

ほうれん草和えとツナって合うんですよね~。赤ピーマンが見た目も彩り鮮やかに食欲をそそります。体にも良さそう♪

プチデリカの「オイスターソースの効いた中華風角煮」を実食

メニュー

・オイスターソースの効いた中華風角煮
・人参と」ツナの卵炒め風
・九条ネギ入り麻婆豆腐

プチデリカの「オイスターソースの効いた中華風角煮」

プチデリカの「オイスターソースの効いた中華風角煮」の原材料名

熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
171kcal 9.8g 10.5g 9.4g 1.5g

プチデリカの「オイスターソースの効いた中華風角煮」のアップ

中華風に煮込まれた豚肉がとても柔らかく、チンゲン菜や人参などの野菜とのバランスが抜群の一品です。このとろみ加減が抜群です。

プチデリカの「人参とツナの卵炒め風」のアップ

人参とツナを卵炒め風に炒めた副菜は中華風角煮とよく合います。

プチデリカの「九条ネギ入り麻婆豆腐」のアップ

麻婆豆腐に九条ネギが入っているなんて中華料理と和風の薬味がよく合います。

プチデリカの「三元豚の黒酢酢豚」を実食

メニュー

・三元豚の黒酢酢豚
・小松菜のツナ和え
・高野豆腐と椎茸の煮物

プチデリカの「三元豚の黒酢酢豚」

プチデリカの「三元豚の黒酢酢豚」の原材料名

熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
152kcal 10.6g 6.4g 13.0g 2.2g

プチデリカの「三元豚の黒酢酢豚」のアップ

三元豚の黒酢酢豚といっても、酸っぱさは全くなく、とろみがかった酢豚がとても美味しかったです。塩分がやや多めなのが気になりますが、中華料理の宿命なのかな?

プチデリカの「小松菜のツナ和え」のアップ

シャキシャキ感のある小松菜をツナで和えた副菜もメインディッシュとよく合います。

プチデリカの「高野豆腐と椎茸の煮物」のアップ

濃い目の味付けが高野豆腐からから染み出てくる汁が口の中に広がり美味しかったです。高野豆腐と椎茸を一緒に食べると、さらに美味しいですよ♪

プチデリカの冷凍おかず実食まとめ

価格やパッケージ等、我が家で利用してきた食宅便とほぼ同じでしたが、肝心の冷凍おかずの味に関しては食宅便よりも美味しかったです。

お試しセットだけしか食べていないのでメニュー全体は判りませんが、おそらく和食中心のメニューなんでしょう。

食宅便の味が70点としたらプチデリカは80点といったところでしょうか。

笑顔の若い女性(左)

プチデリカはボリュームは無いけど美味しいよね♪

プチデリカの口コミや評判

プチデリカの口コミ

我が家では高評価なプチデリカでしたがネット上ではどのような口コミや評判なのかが気になりますよね。そこでネットで調べてみたので一部をご紹介します。

プチデリカの悪い口コミ

男性(疑問)(左)

味はまあまあなんだけどボリュームがねえ・・・

女性の悪い口コミ(右)

一人暮らしの父のために購入しましたが、「美味しくない」と言われてしまいました。

プチデリカの良い口コミ

プチデリカの口コミに対するコメント

ネットで調べてみましたが、悪い口コミがほとんど見つからず、かろうじて見つかったのは長い意見分の一部を切り取ったものです。そんな悪い口コミの中でも「プチデリカは不味い」といった口コミは一件もなく、かろうじてあったのが「量が少ない」とのこと。
それに引き換え良い口コミは「プチデリカは味が美味しい」といった意見が多く、それも多すぎて一部しか載せられないのです。
我が家での実食でもお試しセット5食全てにおいて味には問題なく美味しかったですからね。これで一食あたり427円で送料無料となればかなり高コスパと言えるでしょう。

プチデリカのメリットとデメリット

メリットデメリット

プチデリカを利用して感じたメリットとデメリットや、ネット上で聞かれるメリットとデメリットをご紹介します。

プチデリカのデメリット

プチデリカのデメリット

・ボリュームが無い
・高い送料が発生する場合がある

プチデリカは基本的に送料は無料になっていますが、それには条件があります。その条件とは、定期コースで6回未満のお届けで途中解約するとそれまでの回数分の送料(一回につき980円)が請求されてしまうということ。

いくらプチデリカの定期コースが安いと言っても、メーカーにしてみれば利益が上がらなくなってしまいますからしょうがないですよね。なので最低6回は届けてもらうように注意する必要があります。

ボリュームに関しては5年前から食宅便を使用している我が家にとって、プチデリカは確かにボリュームが無い感じがしますね。食宅便と比べると70~80%少ない感じがします。

ボリュームが無いと言っても女性や子供、高齢者にとっては丁度いい量だと思いますよ。ボリュームが小さい、そんな時はみそ汁やスープ等、一品加えて微調整するのもアリですよね。

笑顔の男性(左)1

プチデリカはボリュームが無いからダイエットに最適だね!

プチデリカのメリット

プチデリカのメリット

・価格が安い
・味がしっかりしていて美味しい
・栄養バランスが優れている

プチデリカの最も優れたメリットといえばやはり価格が安いことでしょう。一食あたり395円(税抜)という激安価格なのに味は美味しいという、「安かろう悪かろう」といったかつてのイメージは完全に払拭されています。

しかも栄養バランスを考えて作られた冷凍おかずは、健康志向に向けた現代社会に完全にマッチしていますよね。

プチデリカの口コミまとめ

まとめ

プチデリカの冷凍おかずを実際に食べても、安くて味もしっかりしていて美味しくいただけました。ネットで様々な意見がありましたが、「プチデリカは不味い」といった意見は殆ど見かけず、多くは「プチデリカは美味しい」といった意見ばかりでした。

それでいて一食あたり395円(税抜)といった低価格はよほど企業努力をしているのでしょう。栄養バランスを考えたメニューは小食の女性や子供、高齢者向けの冷凍おかずでしょう。

中年女性(笑顔、左)

一食あたり395円(税抜)の美味しい激安冷凍おかず♪