ナッシュのご飯付きメニュー

低糖質でも美味しいと評判のナッシュ。そんなナッシュのメニューに「ご飯付きメニューは無いの?」といった声が聞かれます。

しかしナッシュの冷凍おかずにはご飯は付いていません。それはナッシュの冷凍おかずが低糖質を謳っているため糖質とされるご飯は糖質量オーバーになるから。

ところがナッシュのメニューにはご飯を使用したメニューが幾つかあります。

この記事ではナッシュのご飯付き冷凍おかずについてご紹介します。

参考記事:ナッシュが筋トレマニアに人気の理由とは

\美味しさと低価格で一番人気!/
目次表示位置

ナッシュのご飯付きメニュー

ナッシュの冷凍おかずは入れ替わりが頻繁に行われるため、扱うメニューは変わりますが、これまで扱っていたご飯付きメニューにはどのようなものがあるのかご紹介します。

海老と卵の鶏ガラスープリゾット

海老と卵の鶏ガラスープリゾット

栄養成分 数値
カロリー 206kcal
タンパク質 10.4g
糖質(炭水化物) 20.2g(26.2g)
脂質 7.4g
食物繊維 6.0g
塩分 2.3g

鶏の出汁が効いた水で炊かれたレジラ米を、鶏がらスープを醤油味に仕上げた中華リゾット。細かく刻んだドライトマトと小松菜、炒り卵が彩りよく盛り込まれています。副菜は「アスパラと干し肉のあえもの」「えび焼売」「大根と高菜サラダ」。えび焼売には大き目なエビが入っています。

完熟トマトと4種チーズのリゾット

完熟トマトと4種チーズのリゾット

栄養成分 数値
カロリー 309kcal
タンパク質 14.8g
糖質(炭水化物) 24.0g(26.6g)
脂質 15.9g
食物繊維 2.6g
塩分 2.1g

完熟トマトソースをベースに、4種類のチーズを使用したリゾット。バルジソースが絡んだチーズの風味が香ります。細かく刻んだ玉ねぎを混ぜたガーリックライスを使用。副菜は「キャベツのアンチョビガーリック」「海老のアヒージョ」「チキンのサラダ」

きのこのクリームリゾット

きのこのクリームリゾット

栄養成分 数値
カロリー 291kcal
タンパク質 10.1g
糖質(炭水化物) 24.5g(28.0g)
脂質 15.9g
食物繊維 3.5g
塩分 2.2g

鶏の胸肉とキノコ3種類、インゲンをトッピングしたリゾット。米は細かく刻んだ玉ねぎを混ぜたガーリンクライスを使用。副菜は「茄子の貝柱風」「小松菜のソテー」「ラタトゥイユ」

キーマカレーリゾット

キーマカレーリゾット

栄養成分 数値
カロリー 329kcal
タンパク質 28.8g
糖質(炭水化物) 21.9g(24.2g)
脂質 12.6g
食物繊維 2.3g
塩分 2.1g

大豆と鶏肉を使ったキーマカレー。素材のたんぱく質が効率よく摂れると評判です。見た目はスクランブルエッグのようですが、ピリッとした辛みが特徴のキーマカレーは全体にまろやかに仕上がっています。副菜は無し。

鶏肉と野菜の雑炊

鶏肉と野菜の雑炊

栄養成分 数値
カロリー 325kcal
タンパク質 13.6g
糖質(炭水化物) 24.8g(28.8g)
脂質 17.9g
食物繊維 4.0g
塩分 2.3g

鶏肉と水菜、細かく刻んだ人参と大根を使用したかつおだしが香る雑炊。ごろっとした鶏肉が特徴。副菜は「山菜のおろしマヨ」「枝豆ととうもろこしのつまみ揚げ」「里芋と人参の山椒だれ」

飴色玉ねぎのビーフカレー

飴色玉ねぎのビーフカレー

栄養成分 数値
カロリー 422kcal
タンパク質 13.0g
糖質(炭水化物) 22.3g(29.0g)
脂質 29.3g
食物繊維 6.7g
塩分 2.5g

カレーを作る時には玉ねぎを飴色に炒めるのがコクと甘みが出ることで知られています。しかしこれが時間がかかるんですよね。ナッシュは手間のかかる飴色玉ねぎを使用し、より一層コクを深めたカレーに仕上がっています。

ごろっとした大き目の牛肉が食感を残します。副菜は「カブクリーム」「カボチャバター」「コールスローサラダ」

やわらか卵のオムライス

やわらか卵のオムライス

栄養成分 数値
カロリー 363kcal
タンパク質 9.3g
糖質(炭水化物) 27.4g(34.1g)
脂質 22.0g
食物繊維 6.7g
塩分 2.5g

ナッシュオリジナルの濃厚なデミグラスソースがたっぷりとかかったオムライス。オムライスでは王道のケチャップライスを使用。副菜は「オクラとモッツァレラチーズのアヒージョ」「カボチャのガーリックバター」「カリフラワーの洋風あえ」

うなぎのひつまぶし

うなぎのひつまぶし

栄養成分 数値
カロリー 290kcal
タンパク質 14.8g
糖質(炭水化物) 24.0g(28.7g)
脂質 13.5g
食物繊維 4.7g
塩分 1.6g

なんとナッシュではメニューにウナギのひつまぶしがあるんです。昨今ウナギは価格が高騰して簡単には食べられなくなりましたが、ナッシュではあえて高級魚のウナギを使用したメニューがあるんです。副菜は「オクラのおろしだれ」「カリフラワーのおひたし」「ほうれん草とコーンマヨ」

参考記事:ナッシュを夜だけ食べると痩せられる?

\美味しさと低価格で一番人気!/

ナッシュのご飯付きメニュー実食レビュー

「うなぎのひつまぶし」「やわらか卵のオムライス」は他記事「ナッシュのメニューはおかずだけ?」でご紹介しているのでそちらを参考にしていただくとして、ここでは他のご飯付きメニューを実食したレビューをご紹介します。

きのこのクリームリゾット

きのこのクリームリゾットパッケージ

レンジでの温め時間は600wで5分~5分20秒と、リゾットは全般に温め時間が長いみたい。

きのこのクリームリゾット

鶏の胸肉と3種類のキノコ、インゲンを使用したクリームリゾット。お米は玉ねぎを混ぜ込んだガーリックライスを使用しているらしい。

きのこのクリームリゾットのアップ

口あたりは滑らかでクリームソースがとても濃厚ですね。味も薄いことなく程よい濃さにもかかわらず2.2gと低糖質が嬉しいですね。ダイエットに良いみたい♪

見た目がちょっと・・・ですが、美味しかったです♪

海老と卵の鶏ガラスープリゾット

海老と卵の鶏ガラスープリゾットパッケージ

レンジでの温め時間は600wで4分10秒~4分30秒と、リゾットにしては温め時間が短いかな?

海老と卵の鶏ガラスープリゾット

醤油味の鶏がらスープで仕上げた中華リゾット。副菜にも海老シュウマイがありますが、エビがたくさん使用されていて、エビ好きにはもってこいのリゾットです。

海老と卵の鶏ガラスープリゾットのアップ

エビが隅っこに追いやられてすくいあげることが出来ませんでしたが、後で食べてみたらプリプリ感があって美味しかったですよ。

参考記事:ナッシュの脂質が低いメニューを選ぶ方法

ナッシュのメニューは全て低糖質

低糖質

ナッシュのメニューは全て糖質30g以下で作られている低糖質冷凍おかずなのでダイエットや健康維持等、糖質制限をしている方に最適です。

冷凍おかずだけではなく、スイーツまでもが低糖質なのでたまには甘いものが食べたい方にはストレスが溜まることなく糖質制限が可能。

1日あたり糖質の摂取量

ダイエットなどで糖質制限をする場合多くの人は、炭水化物(ご飯、麺類等)を一切摂らずに過ごしている場合が多いですが、人間が健康に生きていくうえである程度は糖質をとる必要があり、その量は1食あたり20~40gとされています。

つまり糖質が悪とばかりに徹底的にカットする試みはかえって健康を害することになるので注意が必要です。健康を維持しつつ糖質制限をするには上記の数値を守るようにしましょう。

ナッシュの冷凍おかずは全て糖質30g以下で作られているのでご飯はそれを目安に調整すると良いでしょう。

ナッシュは糖質制限米を使用

ご飯

ナッシュの米を使用した冷凍おかずは糖質量が増えてしまわないかと不安になるかもしれませんが、ナッシュが使用している米は、うるち米と、米粉加工品の低糖質米(レジラ)を半分ずつ配合したものを使用してます。低糖質米は現代社会に不足しがちな「食物繊維」をたっぷり含んでいるので腸内美化効果があります。

なのでナッシュのご飯付きメニューはダイエットや糖尿病予防、あるいは糖尿病に罹ってしまっている人にも安心して食べることが出来ますよ。

まとめ

まとめ

ご覧の通り、ナッシュの冷凍おかずはご飯付きはありませんが、ご飯を使用したメニューが幾つかあります。気になる糖質も一食あたり30g以下に抑えられているので、ダイエットや肥満予防、糖尿病に罹ってしまった方など、健康が気になる方にはピッタリの冷凍おかずだと思いますよ。

しかも味は有名店シェフ監修というだけあってどれも美味しいんですよね。冷凍されたおかずは不味いというのは今や過去のこと。

今は冷凍技術も発達したので出来立てとそん色ないおかずを食べることが出来ますよ♪

参考記事:ナッシュの冷凍おかずは高齢者にもお勧め

\美味しさと低価格で一番人気!/