乾燥肌と食事

乾燥肌 食事

乾燥肌と食事

乾燥肌と食事

乾燥肌と食事

肌が乾燥してきたら肌に自然の水分を与えるようにしましょう。

 

辛いものや暖かいものを食べると発刊作用で自然の水分を肌に与えることができます。

 

辛いものといえば調味料を食べ物に加えるといった方法があります。

 

たとえば、カレー粉、唐辛子、コショウ、チリソースなどの調味料を適度に加えて発刊作用を促すようにすると良いでしょう。

 

また肌に保湿作用のある栄養素をバランスよく摂ることも重要です。

 

保湿作用のある栄要素としては、ビタミンAや不飽和脂肪酸でこれらの栄養素は乾燥肌には欠かせないものです。

 

不飽和脂肪酸は、サバやイワシといった魚介類、オリーブ油などの植物油に含まれています。

 

ビタミンAは春菊、小松菜、ブロッコリーといった緑黄色野菜に多く含まれています。

 

また、もうひとつ意識しておきたいの栄養素がビタミンEとビタミンB郡です。

 

植物油に含まれるビタミンEには血行をよくする働きがあり、肌にみずみずしさや潤いを与えてくれます。

 

ビタミンEを多く含む食材として、たらこ、ほうれん草、さつまいも、があげられます。

 

また、ビタミンB郡には抗アレルギー作用や抗炎症作用があります。

 

魚介類にもビタミン類が豊富な食材があります。それは冬の味覚「牡蠣」です。
ただでさえ乾燥しやすい冬の季節だからこそ積極的に摂りたい食材です。

 

牡蠣には体内で作ることができないグリシンやアラニンなど必須アミノ酸が豊富に含まれていて、
これが肌の保湿力を高めてくれます。

 

さらには皮膚を再生してくれる「亜鉛」も豊富に含まれていて、
吸収を高めるためにレモンやポン酢をかけて食べることで効率的に亜鉛を摂取することができます。



ホーム RSS購読 サイトマップ