乾燥肌の原因

乾燥肌 原因

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因

乾燥肌は皮膚から分泌される「皮脂」と水分量のコントロールがうまくいかなくなるために起こる症状です。

 

よく言われる肌の油分と水分の不足が原因です。

 

よく油っぽいのにカサカサしているといった人がいますが、コレは皮脂量が十分なのに水分量が足りないためです。

 

皮脂を分泌する皮脂腺が少ない目元や口元がカサつきやすいのもこのためです。

 

特に冬では寒いうえに乾燥しているので、汗と皮脂が両方とも減少してしまい、よけい乾燥肌になりやすく、肌がカサカサしてかゆみが生じやすくなります。

 

また、部屋をエアコンで暖房すると空気を乾燥させる要因です。冬は加湿器を置いたり、適当な容器に水を入れて置いておくなどの乾燥対策を心がけましょう。

 

生活習慣も大きく影響します。

 

寝不足や疲労は血行を悪くしてバランスを崩し、結果、乾燥肌をはじめとする肌荒れが生じます。無理なダイエットや偏食も皮膚に十分な栄養を届けられなくなり、肌のハリとみずみずしさを失い、乾燥していきます。

 

乾燥肌は放置しておくとどうなるの?人の肌は適度な油分と水分で外からの刺激から保護されていますが、こうした"バリア"が失われるのが乾燥肌です。

 

悪化すると粉をふいたようになり、かゆくなり、指ではがしたりすると皮膚は赤くなり、ヒリヒリしたりします。そして、指ではがしたりする行為が、またかゆくなり、かいたりするとますます悪化して肌は大きなダメージを受けます。

 

また、乾燥肌になることにより、皮膚の入れ替わりが早くなり、水分を保つ役目をする細胞間脂質が十分作られなくなり、コレが悪循環につながります。

 

バランスのとれた食事はもちろんのこと、保湿化粧品などを使って自分に合った乾燥肌対策ととることが重要です。

 


 


ホーム RSS購読 サイトマップ